人気ブログランキング |

1868.殺さぬ理由はどこいった?

人を殺してはいけない理由を「自分が殺されないため」とする理屈を
いつだったかの文芸誌で読んで、
バカだった僕はへぇぇそうだなと納得したりしていたが、
世の中には人を殺さないと自分が死んでしまう人がいるんじゃないかって
唐突に気が付いた。
そんな当たり前のことに今更気が付くなんて僕はやっぱりバカだったんだな。

受験だったりリストラだったり恋愛だったり、
誰かが辛い思いをするんだったら自分が身を引くよ、
なんて言って生きていける人なんてそういない。
宮沢賢治の「よだかの星」のよだかのように
誰からも奪いたくなくて、誰からも受け入れてもらえなくて
それでも命をかけて飛び続けて星になる結末を
誰もが簡単に受け入れられるものじゃない。

殺して殺して殺して、
いつしか屍の上に立っていることを忘れて
自分が生きる為に他人を殺して、
それでも生きたいのだ。

しかしね、
僕はよだかがうらやましいよ。

by trash-s | 2012-05-05 23:41 | 形而上のセカイ