人気ブログランキング |

1875.体と顔の向く方が前

「過去を振り返るのは、死ぬ直前でもできるでしょ。」
久美姉さんは長い髪をかきあげて、その隙間から僕を覗くようにして
そんなことを言った。
「えーと…なんだっけ?」
走馬灯?
「そう、それソウマトウ。
それだけで十分でしょ。」
僕はすこし笑った。

後ろを振り返ってしまうのは、好きでそうしてるんじゃなくて
怖くてそうしてしまうんでしょ?

見えない前に足を出すのは怖いよな。
誰だって経験に頼って、それが自分の武器だって信じて
安全な一歩を踏み出したいんだよな。

「でも見えないんでしょ、前は。」
久美姉さんは膝を抱えて僕を真っ直ぐ見る。
この視線が僕は苦手と言うか、恥ずかしいと言うか。
「崖の前に立ってる人は、自分でそれを知ってるんじゃないかしら。
だから何もない所に足場を探してる。」
それって前はもう存在しないってこと?
だとしたら、振り返ることもできず、前に進むこともできず、
その人はどうしたらいいんだい?
「何言ってるの?
その人は背中の方を向くの。
振り返るんじゃなくて、今来た道を戻る。
戻る道にも前がある。
戻る道は、来たときとは違った景色に見えるでしょ。
その道を前に進めばいいんじゃない?」

by trash-s | 2012-05-13 01:41 | 久美姉さん