1888.自分に吐いた嘘は返る

月に一度くらい陰に入ることがあった。
妻曰く「女の生理よりタチが悪い」。
まぁ周期が曖昧すぎて他人には迷惑だろう。
月に一度とは限らないし。

子供の頃はそういう時期にさしかかると喧嘩を多くした。
かといって喧嘩が強いわけじゃないし、
自分でもなぜそんな状況になるか分からない。
これは数ヶ月で学習した。
すなわち、あぶないな、と思ったらなるべく友人との接触を避ける。
孤独の時間は増える。
僕は昆虫を捕まえては殺すことにしていた。
特にオオカマキリの雌が良かった。
あの大きなハラを……ま、これ以上は人に話すことじゃなし。

多感な中学生にもなると猫に手を出してみようかと思ったこともあるが
理性が勝る。
大きすぎるものは後処理が困る。
僕はそこまでこの感情を持て余していない。
創作が悪くない解消法だ。
小説でも漫画でも下手なりに描けば達成感になった。
ただし親に見つからないようにしなきゃいけない。
澁澤龍彦に傾倒するのもこの辺りだ。

今はあまり不自由してない。
刺激的なニュースがネットにたくさん転がってる。
見てるだけで飽き足らないときは、
小さな機会仕掛けのものを分解することにしてる。
目覚まし時計なんかはベストだ。
それと本を一ページずつ分解したり。
漫画のコマを全て切り分ける、とかだ。

破壊衝動や性欲は自分でコントロールできないとダメだ。
実は誰にでもあるものだしな。
そいつは扉の向こうにいる。
大抵僕らはその扉に背を向けて立っている。
扉に鍵がかかってる奴、半分しか開いてない奴、
いろいろいるが、全開の奴には近寄らない。
まぁ自分で気づけたらそっと閉めた方がいい扉だ。
ほんの一瞬の油断で獣が扉から飛び出して
理性を持った僕らが想像できないようなことをやってしまうからな。

そういう獣を否定しちゃいけない。
自分に吐いた嘘は必ず自分に返ってくるからな。

by trash-s | 2012-05-25 23:49 | 夢日記