人気ブログランキング |

1911.彼女のお父さん

月曜日の雨は憂鬱だろうな、
そんなことを考えながら、僕は
山手線のホームに立っていた。
数時間前に通勤ラッシュを迎えたであろうホームでは
人の波もそこそこ、雨水滴る傘を片手に下げ、
僕は新宿方面の電車を待っている。
歩ちゃんの父の日の贈り物を探すのに付き合う。
いや父の日が終ってるのは知っているよ。
歩ちゃんが言い出したことなんだ。
「え、うそ」と言って固まった歩ちゃんを見たのは日曜日の午後。
そして二分で僕のおしごとが決定した。

新宿のホームを出て、待ち合わせの小田急改札前に行くと
「表参道行こう。」と歩ちゃんは言った。
そういうことはホーム出る前に言ってくれないかな。
「だってせーのくん、携帯持ってないでしょ。」
いや、そうだけど、そうなんだよ、…じゃあ仕方ないな。
言い返せる要素はひとつもない。
新宿みたいな、駅に何でもあるようなとこなら
傘をささなくても雨の日、なんでも買い物できるのになぁ。

だいたい歩ちゃんのお父さんて、表参道にあるようなものが趣味なんだろうか。

女の子にお父さんのことを尋ねるのは、
僕の中ではすこし勇気のいることだ。
必ずしも関係が良好とは限らないし、
関係良好、と言っても他人には理解出来ないこともあるしね。
男の子と母親のことも同じことが言えるけど、
同性同士なら別に気にならないだろうな。

南口から見えた空は、すこし明るかった。
表参道着く前に止むといいな。

by trash-s | 2012-06-20 09:46 | 歩ちゃん