1938.退屈な天使

最近ちょっとまた退屈してる。
一時のリストラの嵐も去って、
何だかわからないが会社も安定。
そんなわきゃないんだけどもうその先は僕の知る世界じゃない。
給料は上がらない。
役職も上がらない。
同僚がいなくなって、新しいバイトがやってくる。
使えないわけじゃない。
この仕事にさほどのスキルはいらないだけ。
僕は他人よりマシかもしれない。
でも幸せなんてどこにも感じない。
トレースされた線画のような毎日。
それは全く同じなのに、どこか違う。
描いた線は理想の線なのに、どこか違う。
全て違う。
自分の人生を他人の絵のトレスで誤摩化したのは自分なのに、
いいわけばかりで「これは違う、僕の人生じゃない。」
生きてる感じがぜんぜんしないよ。
何もないほど、それが強いよ。

愚痴をこぼせる女友達は外国に飛んでしまった。
同僚の行く末は僕も知らないよ。
このまま磔刑にされて生きるのか。

頼むまた何か、全てを壊す何か、起きてくれ。
退屈は惨めだ。

by trash-s | 2012-07-11 23:19 |